日々の疲れと汚れをプロにまかせて リフレッシュ 快適生活

・キッチン、洗面所、お風呂場、トイレなどの水周りの細かい清掃。

・水垢、油汚れ、カビの除去。

・クロスのスイッチ周りの手垢の汚れ落し。

・フローリング、クッションフロアーへのワックスがけ

・窓ガラス拭き、サッシの清掃

キッチンシンクの水垢が自分で磨いても汚れが落ちませんでしたが、業者に頼んだら綺麗に落ちました。

また、普段あまり掃除しない細かいところや手の届かないところまで、綺麗にクリーニングしてくれました。

自分で掃除出来ないけどレベルに放置してしまった場合も業者に頼むと効果的だと思います。

自分一人で諦めないで!ハウスクリーニング業者が味方です!

自分で利用したことはないけど、引っ越し先がハウスクリーニング済みとなっている場合は、ありました。その時はお風呂場の見えるところのみがクリーニングされていて、エプロンと呼ばれる浴槽の蓋を外したらカビだらけだったんです。

業者間ではよくある事なのでしょうね。

個人で利用した事がある知人は楽だし細かいところもちゃんとキレイにしてもらえると言っていたので機会があれば利用したいと思っています。

あとは引っ越しの時に敷金引かれるぐらいならハウスクリーニングをしたほうが安く済むケースもあるそうですよ。

ハウスクリーニング利用してみたい。

ハウスクリーニングはともすると、”お金持ちの人が余っているお金で頼むもの”のように思われていると思いますが、生活様式が変わった今、昔とは違う需要があるように感じます。

例えば、1人暮らしの人で、体調が悪くなったり、事故などで身体に支障が出てしまった場合。あるいは、老人世帯で、若い頃のように動けなくなってしまったり、あるいは介護などで手が回らない場合。女性1人で子育てせざるを得ない家庭の場合。毎日ではなくても、月に2~4回程度ならぜひ頼みたいと皆思っているはずだが、家に他人を入れることの心配や、値段と成果が釣り合うのかどうかといった疑惑や不安があり、実際にお願いするところまで、なかなか踏み出せないサービスだと思います。

ハウスクリーニングは頼みたいけど頼みにくいサービス

「おそうじします!」というハウスクリーニング会社で働く女性を描いた漫画を読んだことがあります。

ハウスクリーニングというとなんだか敷居が高く、頼むとしたら家を売買する時ぐらいかなと思っていましたが、こちらの漫画では主婦の方が気楽にクリーニングを頼めるよう、社用車にはあえて会社のロゴは入れず、制服も私服に見えるようなものを選ぶなどの気遣いをしていました。

もしこんな会社が現実にもあるのならクリーニングを一度利用してみたいなと思いました。

エアコンクリーニング